fc2ブログ
01≪ 2024/02 ≫03
1234567891011121314151617181920212223242526272829
2011-08-17 (Wed)
子猫のしつけ

★子猫の鳴き声について★

猫の鳴き声は
犬の鳴き声と比較するととても小さくて可愛らしいものですが
それでも猫を飼っていない方にとってはうるさいとかんじる場合もありますし
アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる場合には特に
猫の鳴き声もしっかりとしつけてコントロールする事が大切です。

猫の鳴き声といっても
その声にはいろいろな種類があり、それぞれ意味が違います。

例えば
ニャーニャー 」 と鳴く場合には、何かを要求している場合が考えられます。
成猫の場合にはニャーニャーですが
子猫になるとミャーミャーと聞こえる事もあるかもしれません。

猫が相手を威嚇する時には 「 フーッ 」 というような声を出します。

シューッ 」 と聞こえる場合もありますが
このときには猫は恐ろしい顔をして威嚇をしているので
見てすぐに分かると思います。

発情した時の猫はとてもやかましく鳴きます。

アオーンアオーン 」 という鳴き声ですが
異性を求めている泣き声なので
この時期には猫を外に出さないような注意も必要です。

ゴロゴロ 」 と喉を鳴らすのは、猫が甘えている時の声です。

猫が鳴く時には必ず意味があるので
行動にも気を配っているとその違いがすぐに耳で感じ取る事ができるようになります。

猫の習性として
病気だったり体調が悪かったりしても、それを隠そうとして鳴く事もあり
泣き声自体もそうですが
猫の体調管理もしっかりとしてあげる事が大切です。

食欲がなかったり、引っかいたり
いつもとは違う行動をとったりしたら
病気ではないのかと疑ってみる事も必要です。

また
猫の生活環境が変わったりすると、ストレスや不安などが大きくなり
猫自身が落ち着くために突然泣き出したりすることもありますし
メス猫が発情している時には
その泣き声によって遠くからオス猫が集まってくる事もありますし
その逆に
オス猫でも発情するとメスを求めて発情した泣き声を出します。

子作りを計画していない猫の場合には
去勢手術をしたり避妊手術をしたりすることで
そういった毎年やってくる発情時期は避けることができますが
あまり小さな子猫ではそういった手術はできませんから
成長がある程度しっかりとする生後8ヶ月程度までは待つようにしましょう。

去勢手術をする事で
オス猫は前立腺に関する疾病が予防出来ます
メス猫が避妊手術をすると
卵巣や子宮、乳腺などの疾病を予防する事が可能になります


Cattery *Candy-Candy*





☆あしたも来てね☆

猫 ブリーダーランキングへ
ありがとニャ♪

スポンサーサイト



     (クリックしてね→)*Candy-Babyたちに拍手を送る*
| 子猫のしつけ方 | COM(1) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する